英研設備株式会社|EIKEN SETSUBI INCORPORATED.お問い合わせはこちら TEL 0250-47-5058

トリニティーZ

メイン > トリニティーZ
トリニティーって?

トリニティーは、アパタイト被覆二酸化チタンに高分子シルクを融合させることで表面積が飛躍的に拡大し、光の少ないところでも効率的な光触媒効果を発揮します。
溶剤などを使用せず、水に分散させていますので取り扱いが簡単なうえ、人や環境に優しい生体融合型の光触媒です。
また、有害物質の吸着性にも優れ、難分解性の有害物質の分解処理や水質・環境浄化などの多様な目的に、様々な産業分野で応用が期待される商品です。

トリニティー 4つの特長
1. 普通の光でもはたらく!
通常の二酸化チタンは紫外線にしか反応しませんが、トリニティーは普通の光(可視光線)にも反応し活性酸素を発生させます。
2. 光がなくてもはたらく!
トリニティーは光がなくても、ミクロ単位の有害物質や臭いのもとになる化学物質などを吸着しますので、使用する場所を選びません。
3. 粒子が均一で超こまかい!
トリニティーの粒子は細かくて均一なうえ、分散性が高く、水に溶けやすくて凝固もしません。光触媒をスプレーで簡単に噴霧することを可能にしました。
4. 食べても安全・安心な品質!
トリニティーの製造には、着色料として食品添加物にも使われている二酸化チタンと、骨の成分であるアパタイト、100%天然のシルクなど、生体や環境にとって安全・安心なものしか使っておりません。
光触媒
触媒とは化学変化を促進させるための媒体で、通常では起こりにくい反応を起こしやすくするためのものです。この触媒自体は化学反応して変化することはありません。
光触媒とは光のエネルギーを吸収して活性化し、化学反応を促進させる触媒のことで、植物に含まれる葉緑素も、水と二酸化炭素から有機化合物を合成する光触媒の一種といえるでしょう。
二酸化チタンは、汚れの分解、消臭・脱臭、抗菌・殺菌、有害物質の分解除去、ガラスや鏡の曇り防止などの用途に使われている光触媒の代表的な素材です。
 

PAGETOP